朝食のささやかな贄沢コンビといえば納豆と卵ですね。熱々のご飯の上にある姿を思い浮かべるだけでも食欲をそそります。
でも、この納豆と卵の食べ合わせには注意をしてください。
栄養が豊富な納豆には、ビオチンというビタミンの一種が含まれています。
ビオチンはアレルギー反応が起きたときに、体内で発生するヒスタミンを体外に排出し、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚炎の改善に効果があります。
また、タンパク質の生成にも関係しているビオチンは、皮膚を生成する細胞に働きかけて老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保つともいわれています。
ところが、ビオチンの天敵が卵白に含まれるアビジンという成分。
一緒に摂るとビオチンの吸収を阻害する恐れがあるのです。
とくにアレルギー体質の人で、皮膚の健康で悩んでいる人は納豆に卵を入れて食べるときには、卵黄のみを入れるようにしましょう。
ちなみに、アビジンは熱を加えると、ビオチンヘの影響は少なくなるため、生でなければOKです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 61 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ

    http://