みずみずしいトマトとキュウリはサラダの定番。サンドイッチなどでも共演の機会が多い組み合わせですが、このふたつの野菜に食べ合わせの罠が潜んでいることをご存知でしょうか。
実はキュウリに含まれているアスコルビナーゼという酵素が、トマトのビタミンCを破壊してしまうのです。
このアスコルビナーゼ。キュウリのほか、カリフラワー、シュンギク、カボチャ、キャベツなどにも含まれており、日常生活での回避はほぼ不可能。ではこのピンチを一体どのように回避すればよいのでしょうか。
その方法は案外簡単。サラダにする場合はマヨネーズやドレッシングをかければOK。アスコルビナーゼは熱を加えたり、酢を加えたりすることで、その働きを防ぐことができます。カロリーを気にしてキュウリとトマトをそのまま食べるより、酢が入ったマヨネーズやドレッシングを加えたほうが美容にもいいわけです。
なお、トマトやキュウリなどの夏野菜はからだを冷やす作用を持つものが多いので、注意して!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 145 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ