日常的に認知症予防をするなら、緑茶とピーナッツはいかが? 強い抗酸化作用を持つ緑茶の「カテキン」と、アルツハイマー予防が期待される、ピーナッツの「レシチン」は、ともに話題の成分です。
がん予防や認知症に効果が高いことがテレビでも話題になった掛川茶(お茶!がん死亡率激減!?超健康パワーの裏ワザ)ですが、これに限らず、緑茶の豊富なカテキンを残さず吸収するには、茶葉まで残さず摂ることが重要だとか。緑茶には、ビタミンCもたっぷりなので、より高い抗酸化作用が得られます。一方、ピーナッツのレシチンからは、記憶に関係するアセチルコリンが作られるため、アルツハイマーの予防に効果ありとの期待が。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 28 times, 1 visits today)