サラダだけではなく、ハムやお肉などの添え物として、レタスやタマネギは、お馴染みの野菜。おおよそ、どの家庭の冷蔵庫の野菜室にも備蓄されている代表的野菜でもあります。
レタスには、ビタミンやカリウム、カルシウム、鉄分、食物繊維などがバランスよく含まれていますが、とくに抗酸化作用に優れたビタミンEが多く含まれています。
このビタミンEは、老化の原因となる活性酸素の発生を抑え、がんや動脈硬化などを防ぎ、シミやシワの予防にも役立つ栄養素です。
また、レタスには鎮静作用と睡眠促進効果があるラクチェコピクリンという成分も含み、精神の安定や安眠効果をサポートします。
かたや、タマネギの辛味成分である硫化アリルは、血行を促し、レタスと同様に精神の鎮静効果も。不眠改善にもぴったり! レタスの欠点であるからだを冷やす作用もタマネギを食べ合わせることで緩和させる効果も見込めます。
両者を使ったメニューは、サラダ以外にはスープがおすすめ。その場合、レタスはあまり火を通さず、後から入れるように。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 49 times, 2 visits today)