このニラとサバの食べ合わせは、単に栄養価が高いだけでなく、ストレス軽減や精神の鎮静効果にもいい影響をもたらすことが期待できます。
ニラは、和食や洋食などではあまりお目にかかりませんが、その栄養価は高く、中国では古代、薬としても使われていたほど。
その成分は、ビタミン群、カリウム、カルシウム、βカロテン、食物繊維などですが、なかでもビタミンAは、多くの眼病予防、皮膚や粘膜の保護、老化の原因を除去する働きをします。さらにビタミンCによるストレスの解消効果も注目すべきです。
また、サバには栄養豊富な不飽和脂肪酸、ビタミン群が含まれ、脂質のDHAは、脳の神経細胞に含まれている物質で、脳機能や神経組織の情報伝達を活性化する働きがあります。
これは、ニラの栄養素と融合して現代人がストレスに打ち勝つ力を作ってくれることが十分に期待できます。
サバの煮付けにニラを入れたり、妙め物にすれば、まさに最高の食べ合わせになるはずです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 71 times, 1 visits today)