刺身にワサビ、とんかつとキャベツ、鶏の唐揚げとレモンなど、付け合わせには、それぞれ深い理由があるようです。ビーフステーキやハンバーグによく添えられるクレソンも、例外ではありません。
クレソンにはビタミンAやCが多く含まれているうえ、カルシウム、鉄分、カリウム等のミネラルもたっぷり。そのため、牛肉と一緒に食べることで、不足しがちなビタミンやミネラルをからだに補給できます。のみならず、クレソンには消化促進作用や殺菌などの解毒作用もあり、脂肪たっぷりの牛肉料理との食べ合わせが、実にいいのです。
また、牛肉には亜鉛が多く含まれていますが、この亜鉛の吸収率をクレソンに含まれているビタミンCがアップさせるという効果も期待できます。
さらに、味覚面での食べ合わせも二菫丸。とくにサシのたっぷり入ったステーキを食べたあとなど、口の中に残りがちな脂っぽさを、クレソンの清涼感のある風味でさわやかにして、口臭を抑える効果もあります。ぜひ残さず、クレソンもいただきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 200 times, 1 visits today)