鶏肉といえば、美味しいだけでなく、低カロリー、高タンパク。ダイエット中の女性や、アスリートなどに人気が高い食品です。
鶏肉にはカルシウムが豊富。この成分は骨や歯の構成要素として骨粗しよう症の予防だけでなく、からだの生理機能を調整し、イライラを鎮めるなど、心の安定を促す働きもあります。
ただこのカルシウム、体内に摂り入れにくいといった欠点が……。
そこでトマトの登場です。トマトはリコピンなどが豊富に含まれていることで有名ですが、実はクエン酸もとくに多く含まれています。クエン酸には、血糖値を抑え肥満を防ぎ、コレステロール値を下げて血液をサラサラにする効果が。さらに、鶏肉などからのカルシウムの吸収率を高める「キレート作用」があることにも注目!
「キレート作用」とは、トマトに含まれるクエン酸がカルシウムを包み込み、体内に吸収しやすい状態にしてくれることです。
もちろん、トマト以外のレモンなどのクエン酸にも同様に「キレート作用」があります。鶏肉にレモンも最高の食べ合わせです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 181 times, 1 visits today)