昔から「色の白いは七難隠す」とことわざにあるように、美白にこだわる女性はとても多いですね。
紫外線ケアのCMなども、最近では夏だけでなく1年中放映されています。もちろん、シミやソバカスの主な原因は、紫外線によるダメージによるものがほとんど。日焼け止めも効果は見込めますが、普段食べる物での紫外線ケアも合わせて実行してみてください。
シミ、ソバカス、肌の老化などを引き起こすメラニン色素の沈着を防ぐには、何よりもビタミンCの摂取が効果的です。さらに、ビタミンCの働きと吸収を高めるポリフェノールの一種のビタミンPとの組み合わせはまさに鬼に金棒といえるでしょう。
このビタミンPは、グレープフルーツなど柑橘系の果物に含まれています。グレープフルーツの場合、果肉よりも皮と実の間の白い部分にビタミンPは多く含まれています。食べ合わせる場合、ジュースにするとさらに効果大!
また、パプリカは赤色を選びましょう。一般的に黄色いものよりも、赤いもののほうがビタミンCを多く含んでいるからです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 31 times, 1 visits today)