あまりにも身近にありすぎて、ありがたみがわかない……そんな緑黄色野菜である二ンジンと、疲れを知らない渡り鳥を支える栄養分を持つ鶏肉の食べ合わせには、驚くべき健康効果が期待できます。
まず、二ンジンを赤くしている「βカロテン」。この成分はからだの中に入ると、必要な分だけビタミンAに変わります。サプリメントを摂ることとは違い、過剰性の心配がありません。
このビタミンAが、粘膜の乾燥を防いで、お肌に潤いを与えてくれるのです。
また、細菌感染に対する抵抗力を高め、活性酸素の発生を防ぎ、脂質異常症や動脈硬化の改善までも期待できます。
油との相性が非常によいビタミンA。鶏肉の油分が体内で二ンジンの栄養素を吸収しやすくしてくれます。
さらに、鶏肉(胸)に含まれる「カルノシン」という成分は二ンジン同様、抗酸化作用、老化防止作用を持ち、相乗効果を生みます。
料理のコツは、ニンジンの皮をできるだけ薄くむくことです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 13 times, 1 visits today)