最近は、朝に健康のため野菜や果物をジュースにして朝食に一品加えたりする人も多いのではないでしょうか。フィトケミカルやビタミン、ミネラルを豊富に含む野菜や果物を手軽に摂れるジュースはとても有効な健康手段です。
そんなジュースのおすすめ食材にニンジンがあります。二ンジンには老化防止のための重要な成分、βカロテンが豊富に含まれています。それは二ンジンを赤くしている色素でもあり、体内で必要な分だけビタミンAに変わり、粘膜の乾燥を防ぎ、細菌感染に対する抵抗力を高めてくれます。
また、活性酸素を抑制し、動脈硬化の改善やがんを抑える働きがあることもわかっています。
ただし、このように栄養価が高い二ンジンでも、ジュースに使う場合、ビタミンCを豊富に含む素材と一緒にしないでください。二ンジンに含まれるアスコルビナーゼという酵素が、ビタミンCを破壊してしまうからです。この酵素は酢によって抑えられるため、ジュースに二ンジンを入れるときは、最初に二ンジンと酢を入れ混ぜてから、果物や野菜を入れましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 18 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ