味噌汁の具に欠かせないといえる、ワカメとネギの組み合わせ。
実はこれ、ネギに含まれるリンや硫化アリルなどの成分が、ワカメに含まれるカルシウムの吸収を妨げる最悪の食べ合わせなのです。
リンはカルシウムと結合して骨格を作る重要なミネラル。かつエネルギーを発生させるATPという物質の成分でもあり、エネルギー代謝には欠かせない栄養素です。加工食品の多くに含まれているので、日常の食生活で不足することはほとんどなく、むしろ摂り過ぎが問題なくらいです。
実はリンを過剰に摂取してしまうと、カルシウムの吸収を阻害するだけでなく、骨のカルシウムまでも溶かしてしまうため、骨密度や骨量が減る恐れがあるのです。
また、このふたつは味覚でも最悪の組み合わせ!ワカメ、ネギともに含まれるヌルヌルした粘質物が一緒になると、舌の細胞の表面を粘質物が覆ってしまうため、味覚を鈍くしてしまう恐れが。
体内のリンとカルシウムのバランスを調整するには、カルシウムの吸収を助ける青魚やシラス干しなどのビタミンDを摂ること!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 83 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ