朝食や晩酌のお供に重宝する、ホウレンソウとべーコンのソテー。ここにも危険は潜んでいます!
実は、ベーコンに食品添加物として使われるリン酸塩は、ホウレンソウに含まれる鉄分やカルシウムの吸収を邪魔してしまうのです。
リンとカルシウムは1対1のバランスが望ましいとされています。
このふたつを含んだ食品を一緒に食べるときは、牛乳などで、カルシウムを補うといいでしょう。
さらにこの食べ合わせには、もうひとつ難点があります。それはべーコンの発色剤として使われる亜硝酸ナトリウムとホウレンソウに含まれる硝酸の存在です。
これらはいずれも体内で亜硝酸に変わり、硝酸がべーコンのタンパク質が分解されて生じるアミンと反応して、発がん物質の二トロソアミンを生成してしまうのです。
ただし、ビタミンCをたっぷり補えば、亜硝酸は酸化窒素に変化し、二トロソアミンの発生を抑えられます。
ホウレンソウとべーコンのソテーを食べる際、レモンを搾ったり、食後にビタミンCを含むフルーツを摂るとよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 12 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ