紅茶とレモンは、とてもよく目にする組み合わせ。紅茶はもっぱらレモンティー派という人もいますよね。しかし、紅茶にスライスしたレモンを入れるレモンティーには、最悪の罠が潜んでいます!
注意すべきなのは、防カビ剤「OPP」が付着している輸入レモンです。このOPPが紅茶に含まれるカフェインと組み合わさると、発がん物質を生じてしまう可能性があります。
昔は輸入レモンなどがなかったのでこういった危険はなく、このふたつは現代が招く最悪の食べ合わせなのです。
この最悪を回避するには、国産レモンを使うこと。国産レモンには、こういった農薬の影響はほとんどないのでレモンティーを飲んでも心配いりません。どうしても輸入レモンを使用する際は、レモンの皮を厚めにむけばOKです。
また、カフェやレストランのレモンティーには輸入レモンを使っていることが多いので、この場合もレモンの皮をむいたほうが無難でしょう。ただし、OPPは果肉にも微量ながら含まれていることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 16 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ