昔から庶民の味として親しまれているハムカツ。薄切りのハムとサクサクの衣が絶妙で、なんといっても揚げたてをソースでいただくのが醍醐味です。
しかし、このハムカツには、食べ合わせによる最悪の落とし穴があるのですI
ハムには発色剤として食品添加物の亜硝酸塩が含まれ、市販の一般的なソースには合成保存料のパラオキシ安息香酸エステル(パラベン)が含まれています。このふたつが結びつくと、発がん性の疑いがある物質が生じてしまうのです。ただし、無添加のソースとハムの食べ合わせなら、このような最悪は回避できます。
亜硝酸塩はハム以外に、ソーセージ、ベーコン、コンビーフなどの肉製品、イクラ、タラコなどの魚介製品に使われています。
また、パラオキシ安息香酸エステルはソースのほか、醤油や酢、清涼飲料水、シロップ類などに含まれる場合があります。これらの組み合わせにはくれぐれも注意が必要なので、購入する際は、食品成分表示をきちんとチェックしておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 310 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ