フライパンにバターを溶かして、ソーセージを妙める。こんなよくありがちなレシピが、発がんの危険性があるというのにはびっくりしませんか。
実はこのバターに含まれる酸化防止剤ジブチルヒドロキシトルエンと、ソーセージなどに使用されることが多い食肉加工製品用発色剤である、亜硝酸ナトリウムは、体内で結合すると、発がん物質が合成されてしまうというのです。
酸化防止剤として使用されるジブチルヒドロキシトルエンは、一般的なフェノール系の酸化防止剤です。水には溶けにくいですが油脂や有機溶媒に溶ける物質です。
食用油脂、バター、魚介乾製品、魚介塩蔵品、輸入ガムなどに広く使われています。
また、亜硝酸ナトリウムは食肉加工品などの発色剤として、ハム、ソーセージ、タラコなどに使われることが多いようです。
現代人の生活において食品添加物をまったく使用しない生活は非常に難しいかもしれません。でも、ごく当たり前な食べ合わせでも、このような危険性があることは知っておきたいことですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 113 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ