秋の風物詩であるサンマ。食卓にサンマと漬け物が一緒に並ぶことは日常的にもよくあることですね。でも、実はこの食べ合わせ、発がん物質を生じてしまう可能性が高い最悪の食べ合わせなのです。
サンマは加熱するとジメチルアミンというタンパク質が生じます。一方、漬け物に含まれている亜硝酸ナトリウム。このふたつが胃の中で出会うことで、ニトロソアミンという強力な発がん物質を生じてしまうのですl
でも、この最悪の食べ合わせで生じる二トロソアミンは、ビタミンCを摂ると、その生成を抑えられるといわれています。従ってサンマにレモンをかければ、ある程度の二トロソアミンの生成を抑制できるのです。
また、焼いたサンマによく添えられている大根おろしにも亜硝酸ナトリウムは含まれています。となると、この定番の組み合わせもNGと思われがちですが、ダイコンにはビタミンCが含まれているので、二トロソアミンの生成は抑えられます。
ただアミンと亜硝酸ナトリウム自体は、単体では無害な成分です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 23 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ