オリーブオイルはパスタなど、イタリアンには欠かせないアイテムですが、普段はサラダオイルで代用する人も多いのではないでしょうか? できればトマトを使う料理の場合だけでも、オリーブオイルを使ってみてください。
なぜなら、トマトの赤い色素に含まれているリコピンの吸収率を、格段に向上させるのがオリーブオイルなのです。
トマトの優れた薬効は古くから知られており、「トマトが赤くなると医者が青くなる」という言葉もあるくらい、完熟トマトには、カロテンやビタミン、カリウムが豊富に含まれています。中でも、特筆すべき成分がリコピンです。
リコピンはカロチノイドの一種で、以前はあまり注目されていませんでした。しかし近年になって、非常に強い抗酸化作用を持つことがわかり、生活習慣病の予防や老化防止に役立つことから、一躍注目を集めるようになったのです。ちなみにリコピンの抗酸化作用は、ビタミンEの100倍、βカロテンの2倍ともいわれています。この抗酸化作用により老化やがんの原因となる活性酸素を抑えます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 30 times, 1 visits today)