ホイコーローや焼きとんなど、いろいろなレシピで共演の機会が多い豚肉とキャベツ。味の相性については、改めて語る必要もないでしょう。もちろん、食べ合わせも好相性の組み合わせです。
キャベツが持つビタミンCは、タンパク質からコラーゲンを生成するのに必要な成分。肌の健康維持に欠かせないビタミンB群やナイアシンを含むタンパク源・豚肉とともにいただくことで、美肌効果が期待できます。高カロリーのイメージがつきまとう豚肉料理ですが、気をつけてコントロールすれば大丈夫。上手に取り入れて、肌の悩みから解放されましょう。
もうひとつ注目したい成分は、キャベツに含まれるビタミンU。
胃酸の分泌を整え、さらに胃粘膜の修復を助ける作用があり、胃薬などにも調合されることが多い成分です。ほかにも塩素や硫黄など、消化を助ける効果が期待できるミネラルも含んでおり、脂の多い豚肉を食べる際の胃もたれ防止に役立ちます。
なお、ビタミンUは熱に弱いので、胃を守る目的であれば生キャベツを食べましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 142 times, 1 visits today)