生で食べてもよし、焼いて食べてもよし、煮込んでも……と、高級食材の代表格であるカニ。味だけではなく、栄養的にも優れており、美肌効果や強壮作用を持つ亜鉛やタウリンが豊富。しかも、低カロリーで高タンパク質だから、たくさん食べても太りにくい。まさにいうことなし!に思えますが、実は大きな欠点があるのです。
それは、体を冷やすこと。
なんと16世紀に中国で書かれた薬膳書にも「カニの冷やし作用」が記されていたほど。食べ過ぎると胃腸を痛めるということから、ショウガやネギ、酢など体を温める効果と殺菌効果のある食材と食べるようにと、古くから推奨されていたようです。
ですから、カニはほかの体を冷やす食材との食べ合わせは最悪ということになります。その代表格が柿。柿は体を冷やすだけでなく、消化もあまりよくありません。そのほか、スイカやメロン、キウイなどのフルーツ、夏野菜のキュウリやトマトにも注意が必要。
カニを美味しく満喫したいなら、酢とショウガで食べるようにして、体の冷えを予防しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 23 times, 1 visits today)

クックパッド殿堂入りレシピ