牛肉もカキと同じように、亜鉛を多く含む食べ物です。中でも、肩肉、肩ロース、テール、ヒレ肉、モモ肉、そしてホルモン部位のミノに亜鉛が多く含まれています。
そして、その効果を最大限に高めるために、牛肉と一緒にニンニクを食べることをおすすめします。
ニンニクには、注目すべき栄養成分としてスコルジニンとアリシンが含まれています。スコルジニンは、体内の栄養素を燃焼させてエネルギーに変える働きや、疲労回復に効果的なビタミンB1の働きを高める作用が。牛肉と一緒に摂れば、肉が柔らかくなり、消化を促進する効果も期待できるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 335 times, 1 visits today)