塩分は、摂り過ぎることで、からだ中の塩分濃度を一定に保つために、血液中の水分量を増やす必要が。そのため、心臓から送り出される血液量が増え、血管に圧力がかかり血圧が上がってしまう。塩分は人間のからだになくてはならないもの。でも、高血圧の原因として真っ先に考えられるのは、塩分の摂り過ぎですね。
そこでおすすめしたいメニューが、アシタバとシラスのサラダ。
アシタバは、秦の始皇帝が不老不死の霊草として珍重したといわれる食材で、血圧安定の効果があります。また、カルシウムを多く含む小魚も、高血圧を抑制する働きがあり、高血圧抑制効果の高い食材同士です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
(Visited 19 times, 1 visits today)